テナントビル経営の実務 ~ビル建替えか売却かの損益分岐点は~

テナントビル経営の実務 ~・・の画像

昭和40年、50年代、日本経済が急速に発展するなか、多くの駅近くの個人商店や同族会社が運営している店舗が、小ぶりのビルを建築しました。

テナントビル経営の実務 トップへ ↑